高校生クラス

高校生クラス 概要

・一斉指導  無学年制

学年に関係ない無学年制の一斉指導で現役大学合格を目指す受験指導です。 高校1年時の実力差が昨今非常に大きいため無学年制を取っている次第です。 ほとんど高校1年生のクラスに中学3年生(飛び級)・高校2年生も混在する場合も多くあります。 個人の実力差が非常に大きいのが現在の特徴で、実力は学年と関係なく養成すべきと考えます。

 

・事前宿題FAX提出

中学同様宿題はすべて事前にFAX提出させ、個人的に採点・添削を行います。 一斉指導であってもこうした個人指導は非常に大切と考えます。

 

・事後成績FAX報告

授業中並びに宿題の結果をなるべく点数化し、事後報告します。 高校は毎回緊張感を持って学習することが大事だからです。

 

*2段階(Aコース・Bコース)段階

Aコース(読み方のコツ)・Bコース(解き方のコツ)の2段階で文法・英文読解とも大学受験に匹敵する実力を養成させます。高校2年1月受験のセンター試験同日模試では180点/200点を取得する学生・200点/200点の満点を取った学生も出ました。 又模擬試験で偏差値70を超える学生が多くでます。 それら学生は高校3年では志望校対策や他教科に専念できる為、ほとんどが超難関校に現役合格を果たしています。特に速読読解ではタイマー計測し英語力の強化をしています。この速読術が英検2級・準1級合格に役に立ちます。

高校Aコース:一斉授業

Aコース ・ Bコース

Aコース

文法:1年間で全文法を解説の上総復習します。 多量の問題を解き英文法を固めます。

英文解釈:各文法が長文内で理解できるよう、文法ごとの英文解釈を行います。点をつけ返却し   和訳の仕方を学びます。

英語長文:「読み方」を解説し、多くの英語長文を全訳せず読みます。 タイマーで計測し意識的に速く読ませます。 読む長文の数はかなりの量になります。

 

 

Bコース

文法: 入試ランクの問題をまずは文法毎に100題以上解きます。 それを終了後は今後う文法を多く解き仕上げます。

英文解釈:入試ランクの英文解釈を解き、一人一人添削し採点します。

英作:Aコースより難易度を上げ宿題で書かせます。

長文:「読み方」に加えて「答え方」の訓練を行い、点数の取り方を学びます。 全て入試長文を利用し長文問題を得点源にするよう鍛えます。

 

現中高通塾生

鴎友・カリタス・慶応湘南・晃華・芝・湘南白百合・成城学園・筑波大付属駒場・桐蔭・桐光・都市大付属・桐朋・豊島岡・早稲田 など

2017年度 授業曜日・時間

Aコース

火曜日 7:40~9:40 週1回

Bコース

水曜日 7:40~9:40 週1回

合格実績 (併願合格は割愛)

直近のBコース修了者 合格進学実績

2017年: 東工大1・慶応1・早大1・上智1・青山2・中央1・北里医学部1 他

2016年: 慶応大学【法1・経済1・文1】 上智1・立教1・明治2・東京理科大1・埼玉1他

2015年: 東大文Ⅱ1・東工大1・早稲田1・慶応1・東京理科大1・鶴見歯科大1・青山1 他

 

ページの先頭に戻る