• Home
  • » 
  • 塾の特徴

塾の特徴

長期視野での英語教育

小学生高学年から高校生までの長期視点から英語教育を指導しています。

小学生はまず楽しくなければ続きません。 しかし楽しいだけでは中学になって学習したはずの事項が生きません。 そのような学生を何と多く見てきたことでしょう。 「小さいころから英会話スクールに通わせてきたのに、英語の点数に全く反映しない!」「英検3級まで取ったのに、なぜ中学から英語を始めた友達に点数で抜かれるのだ?」 などなど。 小学生でかけた時間・費用が中学でいきるような学習を追及したいと思います。

 

一方、中学生は学校で好成績を収めることが何より大切で、これこそが「英語は得意だ‼」という気持ちを生みます。

そして高校では学校の成績以外に模試での一定の偏差値があって初めて英語への自信が生まれます。 その為学校内容だけでは不十分です。

こうした長期視点で 「英語好き」「英語は得意」が育ちます。

負担の少ない学習法

中高校生は部活動に取られる時間が多く、特に運動部所属の学生は土日さえない学生が多くいます。 その上、私立中高生の場合は通学に時間を要し、更に学校からの宿題量が非常に多い場合をよくみかけます。 そこで忙しい私立中高一貫生の場合、できる限り学生の負担を減らした効率的な指導をするべきと考え、下記の指導を実践しています。

① 通塾は週1回を原則とする。

② 塾宿題は事前にFAX提出させ添削。

ページの先頭に戻る