塾の基本姿勢

大改革による英語学習の負担増

大学入試改革により国立大学入試では共通試験と外部委託試験が必須となりました。 更に、推薦入試などで外部委託試験の点を課す大学が増えています。 その為学生は従来の受験英語に加え外部試験用の学習が必要となり負担が増しています。  
4技能を求める外部委託試験のWritingとは英語約100語~200語で意見を述べる形式であり、従来の日本文を英語転換する英作とは全く異なります。 又Speakingは論理立てて意見を述べる形式であって英会話ではありません。 受験英語に加えての勉強の為負担増は不可欠です。 その為負担軽減の工夫が指導に求められると考えます。 

負担軽減を工夫した指導

*従来の英語学習と英検を絡めて学習
外部委託試験には様々ありますが、当塾では学習要領に近く低学年から受験可能な英検を採用します。2020年度の大学入試改革に合わせて新高校1年以下は学校の学習と英検を絡めた指導を行います。
*小4から英語学習開始
スピーキング・リスニング力養成には時間を要します。 小学4年に始まり長期に育成し<英語好き>養成を目指します。
*飛び級大賛成
中学は<英語を得意にする>大事な時期です。 やる気があり実力のある学生は大いに先取り学習し飛び級しましょう。中学生の高校生クラス参加大歓迎!
*読み方のコツを学び効率的学習
長文の読み方を習得した上での多読で配点の高い読解を得意にし<英語で勝って現役合格>を目指します。
*宿題はFAX提出
宿題はFAX提出させ個人的に事前チェック。時間の効率化を図ります。



英語塾RISE


Page top