英語塾RISE 英検コース
英語塾RISEは主に中高一貫校生を対象に長年英語を指導してきました。中学生には先ず学校での好成績を目標とし学校採用の高難度教科書ニュートレジャー・プログレスや高難度副教材ピクシス・シリウス・5ステージ・新中問発展等を中心に当塾独自のプログラムで指導。高校生には大学現役合格に向け速読読解・文法の実戦的指導し高校2年間で受験英語を仕上げ、東大や医学部始め難関大学合格。更にこれらの指導を通して英検2級・準1級合格者を多く輩出してきました。

英語塾RISE に英検コース が加わりました。

英検コース設立により、英語塾RISEの指導開始学年時期が中学1年から小学生4年となりました。 更にヘッドフォンをし、音読等声を出す時間帯を設けました。 従来の英会話の段階を超え、自分の意見を論理立てて書き、英語で明確に述べる段階にまで育成することが目標です。

英語塾RISEは2020年度教育大改革を見据えています

2020年度教育大改革では従来のセンター試験廃止・大学共通試験での英語外部委託(従来型と併用、2024年度以降は完全外部委託)・小学校英語の教科化(5・6年生には英語試験あり)が決定しています。外部委託先としては英検・TEAPが有力候補と言えるでしょう。 英検準1級の英作は自分の意見を100字程度で述べる小論式英作であり、更にTEAPでは長文内容を要約の上約200字で自分の意見を述べねばなりません。 その上、TEAPのSpeakingは質問に対し自分の意見を論理立てて1分間で述べる形式であり、従来の英会話とは全く異なります。 これら新しい形式の英語試験に対応するには育成時間がかかる為、早い段階から指導を開始する次第です。 更に大学受験時に提出する英語点数は高校3年春以降の点数となり、TEAPの場合では高校2年7月以降受験可能です。 これらを考慮し英語は早めに仕上げることが求められるでしょう。

ニュース&トピックス

2016.12.25
随時無料体験を実施
ページの先頭に戻る